ニュークラブとキャバクラの違いとは

キャバクラ嬢と直接出会いえるマッチングアプリ
Home » キャバクラ嬢との出会い » ニュークラブとキャバクラの違いとは
◆人気ランキング◆
第1位:エステマッサージ系
エステマッサージ系で体験された女性の声を参考にして頂いて少しでも興味がありましたら詳細をクリックして下さい。
詳細はこちら
第2位:アフター系
アフター系で体験された女性の声を参考にして頂いて少しでも興味がありましたら詳細をクリックして下さい。
詳細はこちら
第3位:パーティーサークル系
パーティーサークル系で体験された女性の声を参考にして頂いて少しでも興味がありましたら詳細をクリックして下さい。
詳細はこちら
第4位:ヘルスサービス系
ヘルスサービス系で体験された女性の声を参考にして頂いて少しでも興味がありましたら詳細をクリックして下さい。
詳細はこちら
第5位:モデル系
モデル系で体験された女性の声を参考にして頂いて少しでも興味がありましたら詳細をクリックして下さい。
詳細はこちら
ribbon

ニュークラブとキャバクラの違いとは

ニュークラブっていったい、どんなお店なのでしょうか?キャバクラは良く聞くがニュークラブは初めて聞くという方も多いのでは。お仕事内容的には、さほど違いはないようですが、衣装や客層などが違うようです。キャバクラと似たようなものなのか、全く違うものなのか、調べてみました。

キャバクラとは?

キャバクラとは、お客さんの横に座りお酒などを提供しながら、楽しい会話を楽しむところです。髪はセットアップし、服装もロングやミニのドレスを着用します。アフター(お店あがってから食事などに付き合う)または、同伴(出勤する前に食事や買い物をした後に一緒にお店に出勤してもらう)などがノルマにあるお店もあります。また、営業メールにお礼メールなども、仕事の営業としてしなくてはいけません。そのときに、あきらかに営業だ!とバレてしまうような内容では、人気もでず指名もとれないので気配りの出来る女の子しか生き残れないという現実もあります。華やかにみえる職業ほどサービス業としては、厳しい世界なのでしょう。

ニュークラブとは?

ニュークラブとは、キャバクラのワンランク上に位置するナイトクラブです。「ニュークラ」とも呼ばれており、高級キャバクラ、または、クラブの時間制を取り入れたもの、などといわれています。一般的なクラブは、席料を支払うと時間制限はありません。ニュークラブは、キャバクラと同様に時間制になっています。お仕事内容的には、キャバクラと変わりはありません。ただ、髪のセットやメイク、服装はドレス着用など、少し規定が厳しくなります。接客レベルもキャバクラに比べて質をさらに求められるようです。キャバクラに比べ、客層も少し年齢が高く、落ち着いた雰囲気のお店が多いので、女の子の年齢も若干キャバクラに比べれば高めです。お遊び料金も少し高いので、女の子の給料も高めです。そのため、規定やノルマがしっかり決められているお店も多いです。

キャバクラとニュークラの違いは?

キャバクラもニュークラブもお仕事内容は、ほぼ変わりありません。ただ、ノルマがあったり服装に厳しいのはニュークラブです。キャバクラの場合、同伴などのノルマがなかったり、あってもさほど厳しくなかったりするようです。大きな違いは、給料ですね。キャバクラでは、時給2,000~3,000円ほどで、安い店だと1,000円代の所もあるそうです。ニュークラブの時給は、4,000~6,000円と約倍になります。そこに、+αがつくと、かなりの高額になってきます。+αとは、指名料や同伴のバックなどです。時給の違う分、採用基準も違います。キャバクラでは、一般的レベルの女の子もOK、ニュークラブでは、キャバ嬢の中でもレベルの高い子しか採用されません。そのため、キャバクラに比べ、ニュークラブの採用率は低いです。客層は、キャバクラは大衆店、ニュークラブは少しハイクラスです。お店によっても違うので、もし、勤めたいと考えている女の子は、そのあたりもチェックしておいたほうがいいでしょう。

北海道ではニュークラブの定義が面白い

北海道のすすきのでは、ニュークラブの位置づけが全く違うのに驚きました。北海道すすきのでは、キャバクラのことをニュークラブといい、キャバクラのことをセクキャバというそうです。北海道すすきので、キャバクラ嬢になろうと思ったら、ニュークラブに面接にいってくださいね。キャバクラにいっちゃうと、お触りありのキャバクラに勤めることになっちゃうので。

キャバクラ嬢との出会い | 08月24日更新